読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタイル研究室

人は常識を打ち破らなければ、更に上へ行くことはできない

初めての訪問した方は、カテゴリーの【説明】をお読みください。
Copyright © NEET Co.,Ltd. All Right Reserved.

読書スタイル:バスで冷房効きにくい前方部優先席前の席に座る

読書スタイル

夏に冷房が効きにくい座席を紹介します。
今回おすすめするスタイルは、これです。

【What】読書スタイル
【Who】冷房が苦手な人
【When】夏
【Where】路線バス
【Why】バスの中で快適な読書をするために
【Need】--
【How】バスで冷房効きにくい前方部優先席前の席に座る
・バス前方部の優先席前の席に座ります。
 もしくは、優先席前に立ちます。

・その位置が混んでいる場合は、左側または右側の前方の高い座席でダクトを閉じるか、後ろ側出入り口のすぐ後ろのの左側の座席に座り、ダクトを閉じます。

【補足】
バスの前方部は、比較的低い位置にあるため、窓が大きく、太陽光がよく入ります。
また、バス上部にある座席上部、通路上部の冷房ダクトからも遠いため、
冷たい空気からの直接の冷気を浴びにくい場所です。

また、入口が近いと、温かい外気に触れるチャンスとなり、少しながら寒さから逃れることもできます。

【小話】
路線バスと同じ車体を用いたイオンの送迎バスのドライバーの方に教えていただいたノウハウを応用したものです。 この場を借りてお礼申し上げます。

( ゚◇゚)ノ またお会いしましょう