スタイル研究室

人は常識を打ち破らなければ、更に上へ行くことはできない

初めての訪問した方は、カテゴリーの【説明】をお読みください。
Copyright © NEET Co.,Ltd. All Right Reserved.

コミュニケーションスタイル:会話をしない

最高のコミュニケーションのあり方とは、相手の気持ちを察して相手が要求する前に動くことです。
今回おすすめするスタイルは、これです。
【What】コミュニケーションスタイル
【Who】コミュ障(コミュニケーション障害者)
【Where】--
【When】--
【Why】できるだけ会話をしたくない
【Need】相手の思考を読み取る力
【How】会話をしない

①相手が何をしてほしいか、普段から注意を払います。

②相手の要求サインを観察します。

③要求に必要な小道具を、事前に用意しておきます。

③相手から要求サインが出されたのち、アクションを起こします。

 

【例】

・宴会に栓抜きを持っていき、宴会開始と同時にビールの栓を開ける

・相手がタバコを咥えたら、ライターを差し出す

・相手が靴を履こうとしたら、靴べらを渡す

・相手が探し物をしていたら、一緒に探す

 

【補足】

・モテたい人は異性に実施してください。

・他人と会話をしたくない人も実施してください。

 ・サービス業に従事している人は、企業からこのスタイルを強制されています。(お客側からしたら、ありがたいことです)

 

【注意】

・相手の要求を間違えると大変なことになると認識してください

・ほとんど用意した小道具がムダになると思ってください

・「自分は気が利くんだぜ」アピールはしない方が無難です

・このスタイルを他人に強制している人は、周りにストレスを与えてることを認識してください。


( ゚◇゚)ノ またお会いしましょう