スタイル研究室

人は常識を打ち破らなければ、更に上へ行くことはできない

初めての訪問した方は、カテゴリーの【説明】をお読みください。
Copyright © NEET Co.,Ltd. All Right Reserved.

読書スタイル:平仮名を飛ばして読む

書店で本を購入する際は、立ち読みで、早く本を読み内容を審査しなければなりません。そこでおすすめするスタイルは、これです。

【What】読書スタイル
【Who】--
【Where】書店
【When】立ち読み中
【Why】本を早く読む
【Need】多くの文章を読むこと
【How】平仮名を飛ばし読む

①文章の平仮名を飛ばし、漢字を意識して読みます。

②前の漢字→次の漢字へ視点を移動する際、平仮名を何文字飛ばしたかを意識します。つまり、このスペースに「どんなことが書かれているか」を推測します。

③前と後ろの文章の関係を示す、接続詞は飛ばさないこと

 接続詞について (一覧と解説)

④句読点[。、]、カギ括弧「」、括弧()[]、疑問符?、感嘆符!は飛ばさないこと

⑤カタカナ、アルファベットは飛ばさないこと

⑥大事な言葉を強調している部分は飛ばさないこと

(太文字、赤文字、「」内の文字など)

 

実際に、どれくらい意味がつかめるか試してみましょう。

<平仮名を削除した文章>

日本語_漢字____大体_意味_伝__言語__。なぜなら、漢字_単体_意味_持_____。ただし、漢字_覚__必要_____習得__時間_掛____。

 

<元の文章>

日本語は漢字だけでも大体の意味が伝わる言語です。なぜなら、漢字は単体で意味を持つからです。ただし、漢字を覚える必要があるので習得には時間が掛かります。

 

【補足】

逆に言うと、漢字だけで意味がつかめる文章(上記の①~⑥のルールを満たした文章)に「平仮名で補足する」ことを意識すると読みやすい文章になると思います。

 

( ゚◇゚)ノ またお会いしましょう