スタイル研究室

人は常識を打ち破らなければ、更に上へ行くことはできない

初めての訪問した方は、カテゴリーの【説明】をお読みください。
Copyright © NEET Co.,Ltd. All Right Reserved.

読書スタイル:購入する際は、本の内容を少し読んで選ぶ

本を購入するとき、どのような基準で選んでいますか

ジャケ買い(本中身は考慮せず、パッケージデザインで選ぶ)

・筆者買い(好きな筆者は、とりあえず買う)

・ベストセラー

・本屋おすすめ品

今回おすすめするスタイルは、これです。

f:id:hiro10101:20150214172905j:plain写真素材提供:写真素材なら「写真AC」

【What】読書スタイル
【Who】--
【Where】書店
【When】--
【Why】購入する本を決める基準を定める
【Need】--
【How】購入する際は、本の内容を少し読んで選ぶ

①書店の新書コーナへ行きます。

①とりあえずタイトルやデザインでセレクトして、本を手に取ります

②目次を熟読します

③目次から、面白そうな章を選びます

④2,3コ章を読んでみて、面白ければ購入決定

【補足】

・以前紹介した下記スタイルと参考にしてください

読書スタイル:長時間、立ち読みする - スタイル研究室
【注意】

・デザインやタイトルだまされないようにしてください。

・購入する気が無い本は丁寧に扱いましょう

・読んだ本は元の位置に戻しましょう

【小ネタ】

昔、書店で本を選んでいて気付いたのですが、裏表紙に「内容紹介がされている本」と「内容紹介されていない本」がありました。「紹介されていない本」に、更にビニール封までしてあった場合、内容が確認できないので、買う気になれませんでした。

しかし、今では、ビニール封はマンガなどの一部の本にしかされておらず、書店にはイスまで置いてあります。ネット販売が実店舗の戦略を変えたのでしょう。実店舗がネット販売に勝る点は、現物を実際に手に取って確認できることですから。

【情報提供のお願い】

上記の【小ネタ】のように、「工夫しているなー」という事例がございましたら、ぜひ教えてくだささい。

 

( ゚◇゚)ノ またお会いしましょう