スタイル研究室

人は常識を打ち破らなければ、更に上へ行くことはできない

初めての訪問した方は、カテゴリーの【説明】をお読みください。
Copyright © NEET Co.,Ltd. All Right Reserved.

読書スタイル:長時間、立ち読みする

限りある資産(お金、時間)を読書に投資するわけですから、本選びは慎重にしたいです。そこで、必要となってくるのは「立ち読み」です。

今回おすすめするスタイルは、これです。

f:id:hiro10101:20150207125526j:plain写真素材提供:写真素材なら「写真AC」
【What】読書スタイル
【Who】--
【Where】書店
【When】立ち読み中
【Why】同じ姿勢を保つために楽な姿勢を維持する
【Need】着圧ソックス

立ちぱなしが楽になるソックスとして、段階的圧力で足の疲れやむくみを緩和出来る着圧ソックスがおすすめ

 コーマオンラインショッピング/商品一覧/着圧ソックス

【How】書店で長時間立ち読みする

●長時間立ち読みするためには、疲れない姿勢を保つことが重要です。

・首を下げないようにして、本を目線の高さに持っていく。

首を下げて本を見ると、首が掛かる負荷が大きくなるので、首を下げず目線15度下を向くようにアジャストすると疲にくい。

 うつむいてのスマホ操作で背骨には30キロ近い負担がある:研究結果 | ライフハッカー[日本版]

・腕が疲れないように脇を締める

(腕と体を固定させるイメージ:キン肉マンの肉のカーテン)

・上半身は、頭が背骨の上にちゃんと乗るようにします。
 天井から頭のてっぺんを糸で引っ張られているイメージを持ちます

・下半身は、立つために必要最小限の力しか入れない

 答えはカラダに聞いてみよう: 3時間立ちっぱなしでも疲れない正しい姿勢③

丹田(人間の重心)を意識します。

・たまには、書店を歩き回る。

立ちっぱなし状態が続くと、血液の循環が悪くなり、むくみや痛みが発生します。

そこで歩き回り、筋肉は伸縮することで、血液を循環させます。

 

【注意】

このスタイルは座れない書店を想定しています。

座れるところがあるなら、座りながら読みましょう。

 

( ゚◇゚)ノ またお会いしましょう