読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタイル研究室

人は常識を打ち破らなければ、更に上へ行くことはできない

初めての訪問した方は、カテゴリーの【説明】をお読みください。
Copyright © NEET Co.,Ltd. All Right Reserved.

思考スタイル

思考スタイル:概念に名前をつける(離)

名前を与えるということは、不特定多数だった存在、正体不明な現象を、1個の存在として認めて、独立させる行為です。今回おすすめするスタイルは、これです。【What】思考スタイル【Who】--【Where】--【When】--【Why】新しい概念を作る【Need】新しい概念…

思考スタイル:家電量販店を徘徊して考える

昨今、インターネット販売に押されて、家電量販店の経営が、厳しいそうな 筆者は、家電量販店が大好きです。週に1回は、購入するモノが無いのに、最寄りの家電量販店を徘徊しています。今回おすすめするスタイルは、これです。【What】思考スタイル【Who】ガ…

思考スタイル:概念の外側を考える(破)

人は、情報の集合体を概念という膜で固定(定義する)して、使いやすくしています。つまり、この概念を定義する行為は「常識という壁」を作る行為です。今回おすすめするスタイルは、これです。【What】思考スタイル【Who】--【Where】--【When】--【Why】新し…

思考スタイル:商品(サービス)の価値を考える

最近『ちきりん(著) マーケット感覚を身につけよう「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』を読みました。この本には、プライシング(値付け)という概念が紹介されておりました。 「手元にない商品」「利用したことのないサービス」の価値を正…